キャットフード選び!通販のおすすめ!愛猫の笑顔を見るためニャン!

愛猫のキャットフード通販で購入されている方も多いと思います。皆さんは、キャットフードをどんな基準で決めていますか?

今回は、知らないと危ないウラ話、お得に買い物するポイント、おすすめのキャットフードについてご紹介します。

キャットフードを選ぶ基準

毎日の食事はとても重要です。安全なキャットフードを選んでいますか?

キャットフード各社が、安全と栄養について訴求していますが、実際に安全の基準とは何なのか、一緒に確認していきましょう。

危ない添加物

人工添加物

添加物がすべて悪い、というわけではありません。良い影響と、悪い影響があります。

  • 良い影響→必要なビタミンやミネラルを含む栄養が摂れる
  • 悪い影響→保存料・発色剤・甘味料・着色料などにより健康に悪い影響がある

安全面を考えた場合、保存料・発色剤・甘味料・着色料などに使用される人工添加物の中には健康を害するものもあり、特に石油が使用されているものは、発がん性の危険があるため注意が必要です。

炭水化物の割合が多いキャットフード

野生の猫の炭水化物摂取量は、10%前後です。

しかし、安いキャットフードは、かさ増しのため、炭水化物の割合が多い傾向があります。このようなキャットフードを食べ続けることで肥満が進み長期的にいろいろな病気を引き起こす可能性があります。肥満は万病の元なんですね。

合成酸化防止剤

開封後のドライキャットフードの賞味期限は、約1ヶ月です。開封後もこれだけ長期の保存ができるワケは、合成酸化防止剤が使われているからです。

合成酸化防止剤は、酸化を強力に抑える反面、猫の健康に悪い影響を及ぼすものもあります。特に、化学物質のエトキシキンBHABHTは、ペットフード安全法で使用上限が決められています。

添加物は難しくて、ついスルーしがちです。飼い主さんも少し知識を増やしてみませんか??

キャットフードに使用される添加物の安全性について知っていますか

2019年7月30日

安心できる原材料

安心できる食材が使用されてる

キャットフードの表記で「肉類」や、「ミートミール」とある場合は、その内訳の範囲は非常に広く、明確に食材や肉の部位が指定されていません。例えば、

  • 鳥のくちばしが入っている
  • 骨を細かく砕いて使用されている
  • 廃棄寸前の肉が使用されている

という場合でも「肉類」や、「ミートミール」に含まれます。もちろん、人間が食べるような肉を使用しても、同じカテゴリーに含まれます。

主原材料が動物性たんぱく質

たんぱく質は2つに分かれます。動物性植物性です。

動物性は、肉や魚が代表的で、猫の体で消化しやすいと言われています。

植物性は、大豆などの豆類が代表的で、動物性よりは消化しにくいと言われています。

キャットフードの使用食材の中で、一番多く使用されてる食材が「動物性たんぱく質」だと安心です。

キャットフードのラベルの見方や、選ぶコツが知りたい方は、こちらからどうぞ。

キャットフードの選び方にはコツがある!5分でわかるラベルの読み方

2019年7月10日

必要な栄養素

猫に必要な栄養素は、6つあります。

  1. たんぱく質
  2. 脂肪
  3. 炭水化物
  4. ビタミン
  5. ミネラル

それぞれの栄養素の役割について、見ていきましょう。

1.たんぱく質 
猫は肉食動物なので、一番重要な栄養素がたんぱく質です。体の成長と維持に欠かせない栄養素で、人間の約6倍も必要とします。

2.脂肪
体内で作り出すのが難しい、「必須脂肪酸」があります。他にも、重要なエネルギー源としての役割があります。

3.炭水化物
たんぱく質とは逆に、猫にとっての必要度は非常に低いものです。

4.ビタミン
体のバランスを整える作用があり、抵抗力の向上や、成長を促します。

5.ミネラル
骨の形成器官や体液成分の維持に欠かせないものです。ミネラルはいくつも種類があり、摂取量と、バランスが大事な栄養素です。

6.水
体温調整や、代謝を促すのに必要です。猫はあまり水を飲まない傾向がありますが、泌尿器系疾患に繋がることも多いので、水を飲ませる工夫が大事です。

水分を多く含む【ちゅ〜る】は、ご褒美におすすめです。食べ過ぎには注意しましょうね。

猫ちゃんがちゅーるを食べ過ぎ?一日何本までなら大丈夫なの?

2019年10月24日

猫にチュールを与えるのはいつから?そんな疑問にお答えします!

2019年12月12日

愛猫にあったキャットフード選択

ドライフードがいいのか、ウェットフードがいいのか、迷ってしまいますよね。まずは、猫の水分の摂取量はどれくらいか、チェックしてみましょう。

愛猫が、水をあまり飲まない猫なら、ウェットフードで水分補給を促すのがおすすめです。水分の摂取量の目安はこちらです。

体重(kg)  2 3 4 5 6
必要な水分(ml) 118 160 198 234 268

計算式は【体重の0.75乗×70ml】としています。

ウェットフードのおすすめが知りたい方は、こちらからどうぞ。

キャットフードのウェットタイプで一番安い安全な猫のごはんを厳選!

2019年7月13日

また、ドライフードなら、猫が好む粒の大きさで選ぶのがおすすめです。

年齢に応じて、適したカロリーのものを選びましょう。カロリーの目安はこちらです。

  一般的な猫 完全室内飼いの猫
体重 体重1㎏に対し  体重1㎏に対し
カロリー 約64kcal 約52kcal

キャットフードごとに、栄養比率が異なるのでよく検討する必要があります。

このほかにも、毎日食べるものだと、価格面も影響してきます。コストパフォーマンスとのバランスを見ながら検討しましょう。

ドライフードのおすすめは、こちらでご紹介しています。

キャットフードはドライがお得?安いドライフードを選ぶポイント

2019年8月24日

キャットフードの購入

キャットフードの種類

キャットフードの種類は、このように分けられます。

  1. 総合栄養食→【主食】として食事のバランスがとれたもの
  2. 一般食→【おかず】のような役割で食いつきメインのもの
  3. 栄養補完食→【食事療養】の目的がメインのもの・専門知識が必要
  4. 副食→【おやつ】がメインのもの

普段の食事は、バランスが整っている総合栄養食をメインに与えましょう。

栄養補完食は、猫の健康状態によって、独自で判断せず獣医さんと相談して使用するのがおすすめです。

キャットフードの呼称(ブランド分け)

栄養面・安全性に特化させたキャットフードが、各メーカーから発売されています。愛猫の健康面を考えるのであれば、この2つから選ぶことをおすすめします。

  • ヒューマングレード→人間が食べられる基準の原材料の品質
  • プレミアムキャットフード→人間が食べられる基準の原材料の品質、かつ酸化防止剤や人工的な保存料の使用が少ないもの

こちらは絶対的な法律はなく、各メーカーが独自に基準を設けて作っています。

では、海外はどのようになっているのでしょうか?海外の規則や団体についてご紹介します。

AAFCO(アメリカの団体)
  • ペットフードの世界的な標準基準
  • 必要な栄養素と分量について定めている
  • 原材料の安全性・法律面をクリアしているかを定めている
  • 検査・認定はしない
FEDIAF(ヨーロッパ各地で
編成された機関)
  • ペットフードの栄養の基準設定
  • 製造工場を認定
  • 安全性・高い栄養価に加えて、美味しい製品を追求
  • 検査・認定はしない
ペットフード安全法(日本)
  • ペットの健康に悪い影響を及ぼすペットフードの製造・輸入・販売を禁止
  • 製造業者名や賞味期限などの表示を義務付けている
  • 欧米と比べると、基準となる数値の設定や、詳細の表記がない部分があり厳格さという点では、格段に緩い内容

このような現状に対応するために、日本のメーカーが、安全にこだわった規格をうたっているともいえます。

こちらでは、ランキング形式で安全なキャットフードをご紹介しています。

【安全なキャットフード12選】値段だけで選んでないですよね?

2019年12月6日

キャットフードのタイプ

キャットフードのタイプは、このように分けられます。

  ドライ 半生(セミモイスト) ウェット  
メリット
  • 歯石、歯周病の予防
  • あごに適度な負担
  • ドライとウェットの中間
  • 猫の体調に合わせやすい
  • 香りや触感がある
  • 食いつきが良い傾向がある
  • 水分を多く含む
デメリット
  • 水分補給の配慮必要
  • 水分が多い
  • 保存のための添加物を含む可能性あり
  • 歯石の心配
保存期間 長期1ヶ月程(ジップロックなどで小分けにすると尚よい) 当日の短時間 当日の短時間
コスト 比較的安い 中間 比較的高い

栄養バランス

栄養バランスは、猫の年齢・健康状態によって変わってきます。ここでは、成猫の一般的な数値をご紹介します。

  たんぱく質 脂肪
比率 (成猫) 30%以上 15~20%

炭水化物

炭水化物は、無くても問題はありません。野生の猫で摂取率は10%程度です。
逆に、40%を超えると危険です。安いキャットフードには、かさ増しのため炭水化物が多く入っている場合が多いので、注意が必要です。

ミネラル

代表的なミネラル3種類の基本的な割合はこちらです。

  リン カルシウム マグネシウム
割合 1 1.2 0.1

食いつきの良さ

飼い主さんからすると、愛猫の健康を思って、栄養面と安全面に気を配りたいですよね。でも、愛猫の好みとズレてしまうと、食べてもらえない!なんてこともあり得ます。そんな時の[振り返りポイント]を考えてみました。

  • 単純に愛猫の好みではなかった
  • キャットフードを切り替えるときに時間をかけていなかった(普段のキャットフードに混ぜて、徐々に割合を増やす)
  • 猫が新しいキャットフードにまだ慣れていないので、警戒している

食いつきが悪い時の改善策は、

  • キャットフードそのものを変える
  • 時間をかけて再度トライする
  • ふりかけ・かつお節で香りや味に変化をつけてみる

人間用だと塩分が多すぎるため、ふりかけやかつお節は、必ず猫用のものを使いましょう。

好き嫌いがあってお困りではありませんか??こちらで原因と克服法についても解説しています。

キャットフードの好き嫌いは様々なリスクがある!【対策方法を紹介】  

2019年9月12日

コスパについて

愛猫との暮らしは、お財布事情にも直結します。長期に渡ることのほかに、食費や病気、検査などでの出費もあり得ます。ここでは、コスパを下げるための方法をいくつかご紹介します。

  • 賞味期限表示をしっかり確認し、賞味期限切れで廃棄になるのを防ぐ
  • 高いキャットフードと、安いキャットフードを定期的に組み替えて、トータルコストを落とす
  • 会員のサービス・特典で節約する(ただし、通販サイトによって異なる)

通販おすすめキャットフード

安全面、栄養バランス、原材料など品質の良いものを厳選し、おすすめのキャットフードをご紹介します!

  1. モグニャン
  2. カナガン
  3. レガリエ
  4. アルモネイチャー

1.モグニャン

安全性
  • 香料なし
  • 着色料なし
品質
  • 欧州ペットフード工業会連合の基準をクリアした工場で製造
  • 白身魚をたっぷり63%使用
  • グレイン(穀物)フリー
価格
(公式サイト)
  • 1.5kg→3,960円(税抜)
  • 定期購入で最大20%の割引
送料・代引手数料
(公式サイト)
  • 通常送料640円(税抜)
  • 通常代引手数料237円(税抜)
  • 3袋以上(1万円以上)で送料無料
  • 3袋以上(1万円以上)で代引手数料無料
お得ポイント 公式サイトが一番お得!!
備考
(公式サイト)
  • 【定期購入】でも配送周期は自由に変えられる
  • 注文の休止・再開もできる

モグニャンが気になる方は、こちらで詳しく解説しています。

モグニャンはこんな猫におすすめ!4つの口コミの真偽を徹底分析!

2019年7月20日

2.カナガン

安全性
  • 香料なし
  • 着色料なし
  • ヒューマングレードのものを使用
品質
  • 欧州ペットフード工業会連合の基準をクリアした工場で製造
  • 高級平飼いチキンを60%以上使用
  • グレイン(穀物)フリー
価格
(公式サイト)
  • 1.5kg→3,960円(税抜)
  • 定期購入で初回の1袋1980円(税抜)
  • 定期購入で2袋目から最大20%の割引
送料・代引手数料
(公式サイト)
  • 通常送料640円(税抜)
  • 通常代引手数料237円(税抜)
  • 1万円以上の購入で送料無料
  • 1万円以上の購入で代引手数料無料
お得ポイント 公式サイトが一番お得!!
備考
(公式サイト)
  • 【定期購入】でも配送周期は自由に変えられる
  • 注文の休止・再開もできる

カナガンが気になる方は、こちらで詳しく解説しています。

【キャットフード】カナガンの特徴と最安値で手に入れる方法を紹介!

2019年10月15日

3.レガリエ

安全性
  • こだわりの日本産
  • 食材の産地をすべて公開
  • 完全無添加
  • ヒューマングレードのものを使用
品質
  • 獣医師が監修している
  • グレイン(穀物)フリー
  • 袋が2つに分かれていて品質を保てる
価格
(公式サイト)
  • 初回お試し160g/500円(税抜)/送料無料
  • 1.5kg→5,480円(税抜)
  • 定期購入22%割引の4,280円(税抜)
送料・代引手数料
(公式サイト)
  • 2回目まで送料無料
  • 3回目から送料600円(税抜)/1個
  • 2袋以上の購入で送料無料
お得ポイント 公式サイトが一番お得!!
備考
(公式サイト)
  • 【定期購入】でも配達周期が最大90日まで設定可能
  • グレイン(穀物)フリーで日本産なのは、とても珍しい

獣医師監修で日本産のレガリエが気になる方は、こちらからどうぞ。

レガリエは国産のメリットを生かした超おすすめの高級キャットフード

2019年10月29日

4.アルモネイチャー

安全性
  • 世界で初めてヒューマングレードのナチュラルフードを作った
  • 香料なし
  • 着色料なし
品質
  • たんぱく質の原材料に鮮度が良いものを使用
  • 消化吸収が良い
価格
(正規取扱店、他の販売店)

【オルタナティブ・ドライ・フレッシュチキンの場合】

  • 1.5kg換算→4,620円(税込)
  • 750g→2,310円(税込)
送料・代引手数料

  • 送料はサイトごとに異なる(300円~600円程)
備考

  • 正規取扱店や他の販売店で取扱いがある
  • ウェットフードや猫用おやつなどたくさんの種類がある

まとめ

  • キャットフードを選ぶ基準は、安心・安全に基づいて必要な栄養素が備わっていること
  • キャットフードの購入は、栄養バランスだけでなくコスト面まで含めて検討を
  • 通販のおすすめキャットフードは、キャットフード単体をご購入なら公式サイトが便利な傾向(メーカによる)にある
  • キャットフード以外にも、複数のアイテムの購入や、キャットフードのお試しパックなども検討するなら通販サイトが便利

通販のキャットフードを見ると、種類の多さに迷ってしまいますよね。愛猫の健康と食いつきのバランスを見極めるのは、なかなか難しいものです。愛猫が美味しそうに食事をして健康になれるよう、おすすめのキャットフード、ぜひ参考にしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です