キャットフードのウェットタイプで一番安い安全な猫のごはんを厳選!

こんにちは、あやです。ウェットキャットフードって、開けた時にすっごくいい香りがしますよね。人間でも美味しそうな香り。もちろん猫も大喜びです。

でも、安全面やお値段が気になって中々手が出せない方も多いのではないでしょうか?我が家の猫に良くない物は食べさせたくない。でも、あんまり高価なものはちょっと…。

そんな方に、安全なウェットキャットフードの選び方と、安心安全でお安いおすすめのウェットキャットフードをご紹介します。これであなたもやりくり上手な飼い主に!

キャットフードのウェットフードとドライフードはどう違うの?

【キャットフード】ドライタイプ

ドライタイプのキャットフードとは、全体の質量に対し水分が10%以下のキャットフードのことで、俗にいう「カリカリ」です。

ドライタイプのメリット

栄養バランスがよく、ウェットタイプと比べると安価長期保存も可能なことから、多くの人が購入しています。また、噛み砕いて食べる必要があるので、あごの力の維持や歯石の除去など、歯の衛生管理にも役立ちます。

ドライタイプのデメリット

水分が少ないのでキャットフードとは別にを用意する必要があります。また、ウェットフードに比べると香りが弱いため、食いつきが良くないこともあります。

【キャットフード】ウェットタイプ

ウェットタイプのキャットフードとは、水分を多く含むキャットフードのことです。「猫缶」と呼ばれる缶詰タイプと、密閉された袋に入っているウチタアルミトレイに入っているものもあります。

ウェットタイプのメリット

タンパク質が豊富カロリーも高いため、病気や高齢で食べる量が少ない猫におすすめです。また、噛み砕く必要が無いため、歯の弱い子猫にもぴったり。香りが強いのでガツガツ食べてくれます。

ウェットタイプのデメリット

水分が多く、ドライタイプと比べると長期保存には向きません。また、やや高価なものが多いのがデメリットです。

あや
結局、ドライタイプとウェットタイプだったらどっちがいいの?
猫仙人
普段はドライフードでバランスよく。歯が弱い子猫や、病気や高齢で食が細くなってきた猫、カリカリを食べてくれない猫にはウェットフードをあげるといいですよ。カリカリにウェットフードをトッピングするのもいいですね。

キャットフード(ウェットタイプ)の選び方は?

店頭にずらりと並んでいるウェットキャットフード。あまりにもいろいろな種類があるので、どれを選べばいいのか分からない方も多いですよね。そんな方の参考になるように、ウェットキャットフードの選び方をご紹介します。

猫の好みの味を把握してキャットフードを選ぶ

好き嫌いの激しい猫っていますよね。特に、小さいころに美味しくていいものばかり食べさせてあげた猫は選り好みしがちです。そんな猫ちゃんには、原材料で選びましょう。

魚だったら食べてくれたけど鳥肉はだめだった、など猫の味の好みが分かれば、何を選べばいいか分かってくるはずです。

キャットフードのブランドで選ぶ

キャットフードのブランドにはそれぞれコンセプトがあります。天然素材のみを使用する、冷凍食品は使わないなど会社によって様々なので、あなたが「これだ!」と思えるコンセプトのブランドを選ぶと良いでしょう。

中身のタイプでキャットフードを選ぶ

ウェットキャットフードには、フレークパテシチュー・スープタイプがあります。猫の好みやいいと思ったタイプを選びましょう。

フレーク

猫缶と呼ばれるほとんどがこちらのフレークタイプです。ウェットフードの中では比較的水分が少なめで、素材の香りと味が残っています。他のタイプと比べると安くてバラエティが豊富です。

パテ

ペーストやムースのかたちで、アルミトレイに入っていることが多いです。他のタイプのフードと絡みやすく、お湯を入れてよく混ぜることで、離乳食や食の細い老猫のフードにも適しています。

スープ、シチュー

ウェットフードのタイプの中では最も水分が豊富で、小型の袋に入っているパウチタイプのものが多いです。軽くあたためると香りが増すので、なかなか他のタイプのフードを食べてくれない猫にもおすすめです。

猫の状態からキャットフードを選ぶ

もしも猫が病気だったり、病気の予防をしたいときには食事療法食を食べさせてあげると良いですね。最近太り気味だなと思ったらカロリー控えめのダイエット食を。アレルギーがある猫にはアレルギー対応のフードがいいでしょう。

コスパがいいキャットフードを選ぶ

ウェットフードは開封すると鮮度が落ちたり香りが落ちたりしてしまいます。なるべく一回で使い切るようにしたいところですね。

単頭飼いの方はできるだけ量が少ないものを選びましょう。量が多いものの方が量に対する値段は安いことが多いですが、一回で使い切れないと食べてくれなかったり鮮度が落ちたりして逆にコスパが悪いです。

多頭飼いの方は、量に対して値段が安いものを選んだ方が経済的です。ただし、あんまり安すぎるものには要注意ですよ。添加物に危険なものが入っていたりします。

キャットフードの選び方に関しては、こんな記事もありますよ。

キャットフードは何がいい?猫ちゃんのごはん事情を大公開!?

2019年6月23日

キャットフードを猫の年齢別に合わせて変える必要はあるの!?

2019年6月29日

キャットフード(ウェットタイプ)って安全なの?

あや
とってもお安いフードがあったんだけど、猫に害があったりしないかなあ?
猫仙人
あまりにも安いフードには危ないものもあるよ!しっかり見極められるようになろう!

添加物は猫の体に悪い?

危険なキャットフードって何だろう?と思ったとき、「添加物が入っているもの」と考える人は少なくありません。無添加オーガニックと記載されているものは高くてもよく売れます。

実際に問題になった事件もありますし、あなたも添加物と聞くと何となく悪いイメージを持っているかもしれません。もちろん、本当に危険な添加物は間違いなく存在します。

ですが、実は添加物は悪いものばかりではありません。猫の体に良い添加物も存在します。やみくもに「添加物は怖いもの」と考えないようにしましょう。

注意した方がいいのは、着色料香料酸化防止剤など本来必要のない合成添加物です。

  • プロピレングリコール
  • 亜硝酸ナトリウム
  • エトキシキン、BHA、BHT
  • グリシリジン、アンモニエート
  • 赤色102号

このような添加物が原材料に含まれていたら要注意。発がん性が示唆されているものもあります。

グルテンフリー、グレインフリーを選ぶべき?

たまに肉食だから穀物が害という考えの方がいらっしゃいますが、穀物が入っているからと言って害になるわけではありません。猫の体はしっかりと処理されている穀物類はきちんと消化できるようになっていま

普通の猫にグルテンフリーやグレインフリーのフードを食べさせる必要はありません。

穀物アレルギーのある猫にはグルテンフリー、グレインフリーのフードを食べさせてあげましょう。また、アレルギー体質の猫で、不安な場合は穀物無しのフードを与えるのも有効です。

ープレミアムフードー

自然由来の添加物を使用しているか無添加で、穀物も含まれていないキャットフードの中でも最高級のフードです。

肉や魚のみを素材として利用した超贅沢なウェットキャットフード。肉は肉でも、七面鳥、鴨、馬、子羊、鹿、猪など、人間でも食べたことがないようなお肉が使われています。

人間も一口食べて見たくなるような香りで猫も大喜びですが、お値段はかなり高額。特別な日に、リッチなものを食べさせてあげたいときに奮発して食べさせてあげるのもいいですね。

 

猫仙人
キャットフードを選ぶ時にはラベルの確認も忘れないで下さいね

キャットフードの選び方にはコツがある!5分でわかるラベルの読み方

2019年7月10日

安い!おすすめのキャットフード(ウェットタイプ)

おすすめのキャットフード【フレークタイプ】

アイシア MiawMiawとびきり♪ しらす入りささみ

原材料
肉類(鶏ササミ、丸鶏エキス、とりささみペプチド等)、しらす、酵母エキス、オリゴ糖、増粘多糖類、調味料、ビタミンE

金缶ミニ しらす入りまぐろ

原材料
魚介類(マグロ、しらす、フィッシュエキス等)、たんぱく加水分解物、酵母エキス、オリゴ糖、増粘安定剤(キサンタンガム)、ビタミンE

シシア チキンフィレ&エビ

原材料
チキンフィレ57%、エビ5.7%、タピオカデンプン1.4%、ビタミンA1325IU、ビタミンE15mg、タウリン160mg

おすすめのキャットフード【パテタイプ】

アニモンダ 幼猫用 フォムファインステン ベビーパテ(鳥肉と豚肉と牛肉)

原材料
肉類(鳥肉・豚肉・牛肉)、煮汁、魚類(サーモン)、ビタミンD3、ミネラル(銅・亜鉛・マンガン・ヨウ素)

フォルツァ10 猫 BIO エブリデイ ビオ チキン

原材料
有機飼育された鶏肉・豚肉(内臓肉含む)・ミネラル類・有機ヒマワリオイル・有機海藻(スピルリナマキシマ)・タウリン
※原材料の100%がオーガニックです。

フォルツァ10 アクティウェット(腎臓ケア)

原材料
煮汁、ラム、チキン、米、タウリン、ミネラル類、ギニアアブラヤシ油、セイヨウタンポポ、ヤナギタンポポ、ハギ、カシアケイヒガム、グアーガム、デンプン、キサンタンガム、アメリカンクランベリー、ベアベリー、グルコース、ビタミンD3

おすすめのキャットフード【スープ・シチュータイプ】

カルカン パウチ 18歳から まぐろ

原材料
魚介類(かつお、まぐろ等)、肉類(チキン、ビーフ)、植物性油脂、小麦、グルコサミン、調味料(アミノ酸等)、ビタミン類(B1、B2、B6、B12、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(Ca、Cl、Cu、Fe、I、K、Mg、Mn、Na、P、Zn)、タウリン、増粘多糖類、ポリリン酸Na、EDTA-Ca・Na、発色剤(亜硝酸Na)

モンプチ スープ まぐろ・かにかま・ささみ入り クリーミースープ

原材料
魚介類(まぐろ、かにかま、フィッシュエキス)、肉類(ささみ)、乳類(ミルク)、増粘安定剤(加工でんぷん、増粘多糖類)、着色料(酸化チタン、パプリカ色素)、ビタミンE

いなば ペットフード マルウオ白身のせパウチ まぐろ白身のせささみ入り

原材料
かつお、まぐろ、鶏肉(ささみ)、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)

ネコの餌やりに使う容器や収納も大切ですよ。

キャットフードのお皿にもこだわろう!猫ちゃんが喜ぶ入れ物とは!?

2019年6月30日

気をつけて!!キャットフードの収納を間違えると大変ですよ!?

2019年7月6日

まとめ

  • 普段のご飯はドライフード、ドライフードが食べれないときはウェットフードがベスト
  • 猫の好み、ブランド、中身のタイプ、猫の状態、コスパでキャットフードを選ぶと良い
  • グルテンフリーやグレインフリーは普通の猫には必要ない
  • 安くておすすめのキャットフードを紹介しました

いかがだったでしょうか?安くて猫も喜ぶお気に入りのウェットキャットフードを見つける参考にしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です