キャットフードの収納はこれで決まり!ドライフードのおすすめケース

突然ですが、猫ちゃんと一緒に暮らしているという方に質問です。キャットフードケースってどうしていますか。大袋のドライフードを購入されている方はそのまま保管するよりも、ケースを使った方がメリットがたくさんあるのをご存じですか。

今回はキャットフード(ドライフード)のケースについて、メリットとおすすめの商品をご紹介します。

なぜキャットフードにケースが必要なの !?

酸化

酸化とは「酸素に触れた物質が酸化物になる」ということです。食品が酸化すると、その風味が失われたり、栄養素が変化してしまったりします。

酸化したフードは風味が落ちてしまうため食いつきが悪くなってしまうだけでなく、猫ちゃんの健康を損なう可能性があるので要注意です。

酸化を防ぐには、高温多湿を避けるほか酸素に食品を触れさせないようにすることが必要です。

湿気・カビ

特に梅雨の時期などはじめじめして、キャットフードだけでなく様々なものにカビが生えやすくなりますよね。大袋のままジメジメした場所で保管しておくと、キャットフードにもカビが生えてしまう危険性が

キャットフードも人間の食べ物と同じ、大切な家族の食べるもの。カビが生えた食べ物は避けたいところです。

キャットフードの保存に適したケースとは?

酸化とカビを防ぐためには、直射日光の当たるところと高温多湿を避ける必要があります。私たちの食べる食品にも、同じような注意書きがあるものって多いですよね。

それに加えて、密閉性のある容器で保管して、なるべく空気に触れさせないことが大切です。つまり、キャットフードをおいしく健康に保つためのケースとは密閉性のあるケースということです。

ここからは、おすすめのケースをいくつかご紹介していきます。

キャットフードの酸化を防ぐ真空ケース

楽天市場

酸化を防ぐには、高温多湿・空気に触れさせないことでしたね。空気に触れさせないようにするには、真空のケースで保管することで解決です。

こちらのケースは、フタを閉めたあとにダイアルを回すだけで真空状態にすることができます。

私たちの食べ物も、おいしさを保つために真空パックで売られているものがありますよね。真空パックで猫ちゃんのご飯もおいしさキープです。

見るからにキャットフード!なケース

楽天市場

猫好きにはたまらない見た目のケース。

湿気・ニオイ防止のためのパッキンがついていて、しっかりと密閉してくれます。

また、スタッキングできるようになっているので、猫ちゃんが数匹いてご飯を分けている場合はいくつかのケースを重ねておくこともできます。ケースのデザインはワンちゃんバージョンもあるので、犬猫両方と暮らしている場合にもパッと見てわかりやすいですね。

キャットフードを食品保存用のケースで

楽天市場

人間用のクッキーやビスケットの保存に最適と言われているOXOのポップスナックジャー。片手でボタンを押すだけの簡単開閉でしっかり密閉できます。機能性だけでなくコロンとしたかわいいデザインなので、見えるところに置いていてもインテリアの邪魔になりません

ただし、直射日光と高温多湿は避けてくださいね。

数日のお出かけに助かるキャットフードケース

楽天市場

ワンちゃんと違い、猫ちゃんを連れて旅行に行くという方はあまりいませんよね。数日のお出かけの場合、大きなお皿にたくさんご飯を入れておくという方法でお留守番を任せている方は多いと思いますが、「多めに入れたはずなのに全部空っぽ!」という経験はありませんか。

初日に食べてしまって、翌日からお腹を空かせていたのではと心配になりますし、大皿では空気に触れたままで劣化しやすくなります。

タイマー付きの自動でご飯をあげてくれるというケースは、新鮮さを保ちながら決まった時間に同じ量のご飯を自動で出してくれるので、猫ちゃんのお留守番をより快適にしてくれます。いつもご飯をあげている人の声を録音しておき、声でご飯を知らせることができる機能までついています。

うーん、ハイテク。思わずうなってしまいました。

まとめ

  • 酸化やカビ防止にキャットフードにはケースが必要です
  • キャットフードの保存に適したケースとは密閉性が高いもの
  • キャットフードの酸化を防ぐ真空ケースを紹介
  • 見るからにキャットフードなケースを紹介
  • 食品保存用のケースでもキャットフードを保存できます
  • 数日のお出かけには自動給餌器がおすすめです

大切な家族の一員である猫ちゃんたちの食事をおいしく健康に食べてもらうためにも、ドライフードはお気に入りのケースに分けて保存していきたいですね。

どのケースでも、高温多湿と直射日光を避けて保管することは忘れずに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です